本文へスキップ

特定非営利活動法人 虹のかけ橋

電話でのお問い合わせは0833-78-2017

〒743-0009 山口県光市室積松原17-18

理 念philosophy

  • 心ゆたかな人生
    障がいのある・ないに関わらず、その人がその人らしく
    心ゆたかで生きがいのある人生がおくれるような社会をつくろう!

  • 新たな課題に目を向ける
    常に「この先にあるもの」に目を向け、考える姿勢を持とう!

  • ともにまなび、ともに成長
    虹のかけ橋につどうすべての人が、ともにまなびあい、ともに成長しあおう!

はじめの一歩

にじの家

「学齢期の子ども達に、家庭と学校以外の居場所づくりができないものだろうか・・・」 と、障害をもつ子の親達は考え、活動を始めました。

 そして、想いを語り合いました。

「自分(母親)の体調が悪い時、子どもの学校への送り迎えをお願いできたら・・・。」 「兄弟の用事がある時、ちょっとの時間でも子どもを預かってもらえたら助かるわ。」 「子どもを学童保育に預けられたら働けるのに、障害があるために預かってもらえない。」 「放課後の過ごし方が単調。家にいたらテレビばかり。小さな子どもばかりの公園に毎日連れて行くのは苦痛だし。これって、私のわがままなのかな?」

 障害をもつ子どもの家庭には、たくさんの深刻な悩みがありました。 家族の「がんばり」だけでは乗り越えることが困難な場面が・・・。

 そこで、同じ想いをもつ母親達は「要望書」を手に市へ働きかけをおこないました。 しばらくして、この気持ちを支援してくださる方々との劇的な出会いがありました。 こうして、レスパイトサービスを開始することができたのです。

代表者メッセージ

 虹のかけ橋は、会を設立し10年を迎えました。

「あったらいいな・・・」 の小さな声から虹のかけ橋の「レスパイトサービス」はスタートしました。 そして、今春には国の法制度事業を展開することが出来ました。 皆さまのご支援に感謝いたします。温かい励ましは、私たちの大きな支えです。

「小さな声」かもしれないけれど・・・。
「叶わないと思われる夢」かもしれないけれど・・・。
『誰もが、心ゆたかで生きがいのある人生をおくることの出来る社会をつくりたい・・・。』
そんな想いをかたちにしていくことが私たちの使命です。

  設立当初の‘虹のかけ橋のねがい’ 『生まれ育ったこのまちで、家族とともに仲間とともに、ふつうに暮らしたい・・・』 この想いを胸に、今後も虹のかけ橋らしい取り組みを続けます。

                                               理事長  岩佐光恵

NPO法人 虹のかけ橋

〒743-0009
山口県光市室積松原17-18

TEL 0833-78-2017
FAX 0833-78-2046

inserted by FC2 system